ノッチ?最新海外携帯スマートフォンのトレンド・ノッチとは?

ノッチ?最新海外携帯スマートフォンのトレンド・ノッチとは?

海外携帯・スマートフォントレンドは、いつも「あのスマートフォン」によって作られる。私はそう思っています。
エレガント且つ独創的。これ見よがしなハイテクではなく、知性の感じられるハイテク。
世界のスマートフォンを常に牽引しているのは、やはりAppleのiPhoneだと思うのです。
 
iPhoneは世界的にもひじょうに人気がありますが、特に日本は「iPhone独占」とも言いたくなるような状態となっています。
猫も杓子もiPhone。大手キャリアは積極的にiPhoneをプロモート。
他に魅力的なモデルが見当たらないキャリアのラインアップでは、売れ行きがいいのも当然かもしれません。
 
最初にふれた通り、iPhoneというスマートフォンは元来、独創的であったはずです。
現在のスマートフォン業界の「形」というか「モデル」のような物が形成される…その先端にはいつもiPhoneがありました。
スマートフォン世界シェア第1位のSamsungは、Appleを追い、そして追い越したのです。
 
しかし、Samsungがナンバーワンの座を奪ったからと言って、スマートフォン業界のトレンドを牽引するスマートフォンはGalaxyではあり得ないのです。
メーカーやファンはひとつの「モデル」、ひとつの「指標」として、いつもiPhoneを追いかけています。
 
そのiPhone最新版がiPhone X。ホームボタンが排除され、ほとんどベゼルレス状態にまで広げられた5.8インチ有機ELディスプレイが非常に目をひくモデルです。そして、その中で実は一番人々の目をひいていると思われる場所が、ディスプレイ上部の中央にある窪んだ場所「ノッチ」です。
 
「ノッチ」とは何なのか
この「ノッチ」、iPhoneの場合、この場所にFace ID(顔認証システム)で使用されるカメラが格納されています。
Face Idは、今までのiPhoneに採用されてきたTouch IDに変わるセキュリティーソリューションで、端末のロックを解除する場合や、
ネット上での認証機能として使うことができます。
 
このFace ID用のカメラを埋め込むため、ノッチはAppleにとっては技術的に、そして見た目的にも良い「着地点」だったと思います。
ただ、どうしてもこれが「到達点」だとは思えないのです。
iPhone Xの登場時も、このノッチについては賛否両論が渦巻きましたが、結果としては、好意的な意見で落ち着いたのでは無いかと個人的には思っています。
人によっては「見慣れた」という意見もあります。
 
中国・スマホ購入

oppo(オッポ)スマホ購入・日本

vivoスマホ購入・日本

日本でも使えるガラケー

Simを日本で購入

meizu スマホ

cat スマホ

海外 honor 購入

xiaomi(スマホ・タブレット)